【生酵素サプリの効果】ダイエットに効く原理と口コミをご紹介!

更新日:

生酵素サプリは、ダイエット効果が期待できるサプリとして近年話題になっています。

「運動しなくても、飲むだけで痩せる」「ダイエット以外の効果もある」などの声が上がっており、本当なら女性にとって嬉しいですよね。

このページでは、生酵素サプリは「なぜダイエット効果が期待できるのか」「生酵素サプリを使ったダイエット方法」「ダイエット効果以外にどんな効果があるのか」「効果を感じたかどうかのみんなの口コミ」をまとめていきます。

ダイエットに悩んでいる方、健康的にダイエットしたい方は参考にしてみてください。

【生酵素サプリの効果】
生酵素サプリでダイエットをする3つのメリット

生酵素サプリの効果3つのポイント

生酵素サプリの効果を、生酵素サプリでダイエットをする3つのメリットという観点から解説します。

生酵素サプリ飲むだけで太りにくい体質になることができます。

普段の食事で不足しがちな栄養素を摂取することができるので、無理なくダイエット効果を実感できます。

乳酸菌や食物繊維が含まれているので、便秘冷え性にも効果的です。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
そもそも酵素って何?

生酵素サプリの効果を知るために「そもそも酵素って何?」という疑問に答えます。

私たちの痩せる体質、太る体質というのは酵素が原因の一つとなっているのです。

【生酵素サプリの効果】酵素は3種類ある

参考:鶴見クリニック

酵素は人間の体内にある、消化や吸収を助ける働きをもつ物質です。

酵素には『消化酵素』『代謝酵素』『食物酵素』の3種類があります。

このうち、消化酵素と代謝酵素は『潜在酵素』と言われ、人間の体内で生成することができます。

食物酵素は、人間の体内で生成することができないので、食事によって外部から摂取するしかありません。

消化酵素は、栄養素を分解し、吸収する働きがあります。

代謝酵素は、吸収された栄養素を体中に届ける働きがあります。

潜在酵素が使用される際には優先順位があり、消化酵素⇒代謝酵素の順番で使用されます。

つまり、人間の体内では、消化が代謝に優先されるということです。

食物酵素は、消化酵素の働きを助ける働きがあります。

食物酵素をしっかりと摂取することにより、消化酵素の過剰な消費を抑えることができます。

消化酵素の消費が抑えられと、結果的に代謝酵素の働きも助けることになります。

食物酵素を摂ることは、体内の消化と代謝を正常化することにつながるということです。

【生酵素サプリの効果】酵素は年齢とともに減少する

人間が一生の間に生成できる酵素の量は決まっていると言われています。

また、1年で生成される酵素の量も決まっており、年齢によって生成される量は減少します。

10代の酵素の生成量を100とすると、20代で90、30代で70、40代で40、50代で30といったように減少していきます。

酵素が不足すると、消化や代謝が正常に行われなくなります。

年齢をとると、太りやすくなったり、体が冷えやすくなるのはこのためです。

【生酵素サプリの効果】酵素が不足すると太りやすくなります

現代の日本の生活では、酵素不足になりやすいとされています。

消化酵素は、加工食品やファーストフード、油っこいお菓子などを消化する際にたくさん消費されます。

消化酵素の働きを助ける食物酵素は、主に生野菜などに多く含まれています。

乱れた食生活では、食物酵素を摂ることも難しいので、消化酵素の過剰な消費がすすんでしまいます。

その結果、十分な働きをする代謝酵素が確保できなくなってしまいます。

代謝酵素が不足すると、体中に栄養素を届けることができなくなります。

体の各所でエネルギーをうまく生成できなくなり、冷え性になったり、疲れやすくなったりします。

また、吸収された栄養素が消費されないまま、体内に蓄えられてしまいます。

簡単な話ですが、ダイエットの基本は『1日の吸収したエネルギー』<『1日で消費したエネルギー』にすることです。

代謝酵素が不足するとこれが逆転し、『1日の吸収したエネルギー』>『1日で消費したエネルギー』となります。

毎日体内にエネルギーが蓄えられていくのですから、太ってしまうのは当然と言えるでしょう。

生酵素サプリは、食物酵素を体内に取り入れることで、消化酵素の働きを助けます。

結果として、体内で働く代謝酵素の量が確保されます。

生酵素サプリを飲むことで、『1日の吸収したエネルギー』<『1日で消費したエネルギー』となりやすくなり、ダイエット効果が期待できるのです。

【生酵素サプリの効果】
そもそも生酵素サプリって?

生酵素サプリの効果を知るために「そもそも生酵素サプリって?」という疑問に答えます。

生酵素サプリは野菜や果物に含まれている生の酵素を効率良く体内に摂取できるサプリメントです。

【生酵素サプリの効果】生酵素ってなに?

生酵素とは、『』の『酵素』のことです。

酵素が『消化酵素』『代謝酵素』『食物酵素』の3つに分類されることは、先ほど説明したとおりです。

生酵素サプリの『酵素』=『食物酵素』となります。

酵素は熱に弱いという性質を持っています。

これは『消化酵素』『代謝酵素』『食物酵素』のすべてに当てはまります。

より具体的には、48度~70度の高温になると、酵素としての働きを失ってしまいます

この現象を『活性を失う』『死活する』などと言ったりします。

活性を失った酵素は体内に取り入れても十分な働きをすることができません。

『生酵素』の『生』とは、熱によって処理されていないということです。

生酵素サプリは、製造過程で加熱処理を行っていません。

そのため、酵素を生きたまま体内に取り入れることができるのです。

【生酵素サプリの効果】生酵素サプリで酵素を摂るメリット

体内で働く代謝酵素の量を確保するためには、消化酵素の使用量を抑えることが必要です。

食物酵素を食事によって取り入れることにより、消化酵素の働きを助け、消化酵素の過剰な使用を防ぐことができます。

食物酵素は、主に生野菜、果物、生魚、生肉、納豆、ヨーグルトなどに多く含まれています。

食物酵素が多く含まれる食品のうち、生魚、生肉を普段の食事に取り入れるのは難しいです。

魚や肉は、加熱処理をして食べることが多いですからね。

酵素は熱に弱いので、体の中に生きている状態で取り入れるためには、調理の過程で加熱処理をしないことがポイントです。

野菜を食べる際も、野菜炒めなど加熱処理をしてしまった料理は酵素が死んでしまっています。

『生』野菜を食べることがポイントです。

しかし、実は生野菜からの酵素の摂取には落とし穴があります。

生の野菜に含まれている酵素は細胞と強く結びついており、普通に切った野菜を食べても効率よく酵素を摂取することができないのです。

野菜から酵素を摂取する方法としては、すりおろしが推奨されています。

すりおろすことによって細胞と酵素の結びつきを壊すことができるので、体内に入った食品から酵素を体内に取り入れやすくなります。

果物の場合も同じ理由で、すりおろしが推奨されます。

この話を聞いて、「よし、これからはすりおろしを食事に取り入れよう」という方はなかなか気合の入った方だと思います。

実際のところ、いちいち野菜や果物をすりおろすのは面倒です。

毎日仕事や家事に忙しい女性にとっては、なおのこと時間がないでしょう。

料理が好きで、時間がたっぷりとれるという方は、すりおろしをうまく調理にいれてみてください。

最後に、納豆やヨーグルトなどの発酵食品にも酵素は多く含まれています。

これらは手軽に食べることができるので、酵素不足の強い味方と言えます。

しかし、一度に食べられる量が限られており、十分な酵素を取り入れようと思ったら、毎食食べなくてはいけないような事態になってしまいます。

せっかく食事をするなら、好きなものを食べたいですよね。

生酵素サプリなら、『生の酵素を』『手軽に』『たっぷりと』摂取することができます。

【生酵素サプリの効果】生酵素サプリを効果で選ぶ3つのポイント

生酵素サプリはたくさんの種類がでています。

どれも良さそうで、1つに決めようと思うと迷ってしまいますよね。

そこで、生酵素サプリを選ぶ時の参考になるように、効果で選ぶ3つのポイントを紹介していきたいと思います。

  • 『生』の酵素が含まれているか
  • どんな素材が使われているか
  • 酵素以外にどんな成分が含まれているか

『生』の酵素が含まれているか

よくある勘違いとして『生酵素サプリ』『酵素サプリ』を間違えることがあります。

酵素サプリは製造の過程で加熱処理がされており、酵素が死活している場合があります。

すべての酵素サプリの酵素が死活しているというわけではないのですが、製造過程がきちんと明示されていない商品の購入は避けた方が良いでしょう。

48度以下の加熱処理なら、生きている状態の酵素が商品に含まれていることになります。

生酵素サプリの場合は、加熱処理がされていないので安心です。

どんな素材が使われているか

生酵素サプリの主な原材料は植物発酵エキスです。

植物発酵エキスとは、野菜や果物を発酵させて作られたエキスで、植物本来の栄養素を濃縮したものになります。

野菜や果物に含まれている栄養素は、発酵することによって、栄養価が増したり、人間の体内に吸収されやすくなったりします。

また、野菜や果物は旬かどうかで含まれている栄養素が大きく変化します。

植物発酵エキスの素材は旬のもののほうが良いということです。

植物発酵エキスの素材となっている野菜や果物の種類が多いほど、いろいろな種類の食品の栄養素を取り入れることができます。

酵素以外にどんな成分が含まれているか

生酵素サプリには、酵素以外にもさまざまな成分が含まれていることが多いです。

酵素と相性がいい成分としては、乳酸菌食物繊維オリゴ糖が挙げられます。

乳酸菌は腸の調子を整える働きがあり、便秘改善効果を期待できます。

便秘になるとぽっこりとお腹が出てしまい、痩せていてもお腹だけ膨らんでいるような見た目になってしまいます。

また、便がなかなかでないと、腸で栄養を過剰に吸収してしまうので、太る原因にもなります。

整腸作用のある乳酸菌がサプリに含まれていると、健康的にダイエットをすることができます。

食物繊維やオリゴ糖は、乳酸菌のエサとなるので、結果として腸の調子を整えるのに役立ちます。

生酵素サプリの成分表や紹介文を見て、これらの成分が含まれていたら、私たちの体のことを考えて作られて良い商品だと判断していいでしょう。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
生酵素サプリと他の酵素アイテムとの違いは?

生酵素サプリの効果を知るために「生酵素サプリと他の酵素アイテムとの違いは?」という疑問に答えます。

世間では酵素ダイエットの商品として、『生酵素サプリ』『酵素サプリ』『酵素ドリンク』などいろいろなものが出回っています。

どれも酵素を利用して痩せる、という商品なのですが、実は目的によって使い分けるのが適切です。

生酵素サプリは、長期的かつ健康的に痩せたい方におすすめの酵素ダイエット方法です。

効果が出るまで時間はかかりますが、太りにくい体質を作るので、リバウンドを恐れる必要がないのがメリットです。

では、他の酵素ダイエットはどんな特徴があるのでしょうか?

酵素サプリは安価に手に入る

『酵素サプリ』と『生酵素サプリ』の違いは、製造の過程で加熱処理がされているかどうかです。

酵素サプリの多くは、製造過程で加熱処理が行われており、酵素が死活してしまっています。

また、カプセルや粉末状にする際に熱が加えられていることがあり、これも酵素の働きを失わせる原因になります。

酵素サプリのメリットとしては、安価に手に入ることです。

加熱処理を行うことにより大量生産が可能になり、市販のドラッグストアで安く販売することができるようになっています。

また、製造コストを安く済ませることができるので、宣伝などにもお金をかけることができます。

私たちが生酵素サプリよりも酵素サプリの方がよく目にするのはこのためです。

逆に、生酵素サプリは、数年単位の長い期間をかけて野菜や果物を発酵させて製造されます。

時間がかかるので大量生産には向いておらず、製造コストがかかるのでメディアへの露出も難しくなります。

薬局などで簡単に手に入らないのはこのためです。

酵素サプリは、「酵素サプリってどんなものかとにかく試したい」「可能な限り値段を抑えたい」という方にはいいかもしれません。

しかし、いくら安くて手軽に手に入るものでも、肝心の効果はいまいちであることが多いので、酵素で本当にダイエットしたい方にはおすすめできません。

酵素ドリンクは短期間のダイエットに最適

『酵素ドリンク』は野菜や果物の栄養をジュースにしたものです。

青汁や野菜ジュースなどの健康ドリンクと同じようなものだと思ってもらった方が早いかもしれません。

製造の過程で熱が加えられていることが多く、酵素は死活している場合がほとんどだと考えて良いでしょう。

しかし、酵素ドリンクは短期間のダイエットに関しては、酵素サプリや生酵素サプリよりも優れています。

酵素ドリンクは、満腹感を得やすく、胃への負担をかけにくいことが特徴です。

そのため、1日~3日程度のファスティング(断食)には適していると言えます。

3日間食事を摂取しない代わりに酵素ドリンクを飲むことによって、短期間でも痩せる効果を期待できます。

サプリでは、形状の都合で満腹感が得られにくかったり、溶かすのに胃への負担がかかったりするので、ファスティングには向いていません。

酵素ドリンクのデメリットは、リバウンドの可能性が高いことです。

ファスティングは酵素ドリンクを飲んでいたとして体に負担がかかります。

そのため、短期間でやめなければならないのですが、その後リバウンドしてしまうことが多いのです。

食事を食べないことによって体重を落としていたので、食事を元に戻したら体重も元に戻るのは当然と言えるでしょう。

酵素ドリンクは、「どうしても3日後までに5kg落としたい」という場合には使用してもいいかもしれません。

しかし、本当に長期的に痩せたいのであれば、生酵素サプリを使用することをおすすめします。

生酵素サプリは、時間をかけて太りにくい体質を作るので、リバウンドの可能性が低く、健康的にダイエットをすることができます。

スロージューサーは時間と手間がかかる

野菜や果物の酵素を食事に取り入れる方法として、ジューサーでドリンクを作るという方法もあります。

ジューサーは『高速ジューサー』と『スロージューサー』の2種類があり、近年話題となっているのは『スロージューサー』です。

高速ジューサーは、スロージューサーよりも早くドリンクを作ることができます。

しかし、作っている間の高速回転による摩擦熱によって、酵素が死活してしまいます。

それでは、本来の目的である、酵素を体内に取り入れるということができなくなってしまいます。

そこで、登場したのがスロージューサーです。

スロージューサーは回転をゆっくりすることで、摩擦熱を減らし、野菜や果物の酵素を生きたままドリンクにすることができます。

ドリンクなので飲みやすく、味も野菜や果物本来の味を楽しむことができます。

欠点としては、作るのに時間や手間がかかる点と、持ち運びが不便な点です。

「時間はたっぷりあるから、手間を惜しまずにダイエットドリンクが作れる」という方はスロージューサーを試してみるのもありかもしれません。

生酵素サプリは、時間や手間の部分を専門家がやってくれており、栄養素や成分のバランスも考えて作られています。

飲むだけなので時間もかからず、持ち運びも簡単なので、仕事や家事で忙しい方にはおすすめのダイエットアイテムです。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
生酵素サプリがダイエットに効果的な理由を徹底解説!

引用元:湧永製薬

生酵素サプリの効果を知るために、生酵素サプリがダイエットに効果的な理由を徹底解説します。

生酵素サプリによって、代謝酵素の働きが十分に行われることで、ダイエット効果を期待できる、という話はここまでしてきました。

では、そもそも代謝とはなんなのでしょう?

ここからは、より詳しい『代謝の仕組みや原理』『なぜ生酵素サプリで太りにくい体質になるのか』『生酵素サプリで痩せる根拠や理屈』を解説していきます。

【生酵素サプリの効果】そもそも代謝ってなに?

代謝は、摂取したエネルギーを体内で消費する活動のことを指します。

私たちがよく耳にする『基礎代謝』『新陳代謝』の2つのうち『基礎代謝』がダイエットには重要になってきます。

基礎代謝とは、私たちが何もしなくても勝手に消費されるエネルギーのことです。

私たちの体は、ただ立っていたり、座っているだけでもエネルギーを消費しています。

呼吸や心臓の鼓動など、生命維持に必要な活動のエネルギーが最低限必要だからです。

人間が1日に消費するエネルギーの約60%は基礎代謝と言われています。

新陳代謝とは、古くなった細胞を捨てて、新しい細胞に生まれ変わるサイクルのことを指します。

たとえば、肌の古い角質が落ちて、新しい肌になるのは新陳代謝の一種です。

新陳代謝が正常なら、肌の細胞は約28日周期で生まれ変わります。

ダイエットに必要なのは『基礎代謝』、肌の美容や健康に必要なのは『新陳代謝』ということですね。

生酵素サプリに期待できる効果は、基礎代謝の向上です。

サプリなどのダイエット食品の謳い文句で『代謝向上』と言っているものの正体は、『基礎代謝の向上効果』ということですね。

私たちが1日で消費するエネルギーの内訳について

基礎代謝は、私たちが1日で消費するエネルギーのうちの約60%を占めています。

残りの約40%は、『食事誘発性熱産生』が約10%、『身体活動量』が約30%です。

食事誘発性熱産生は、DIT(Diet Induced Thermogenesis)とも言われる、食事をした後に、何もしなくても代謝量が増大することを指します。

食事後に体があったかくなるのは、この食事誘発性熱産生が原因です。

食事誘発性熱産生でどのくらい代謝量が増大するかは、取り入れた栄養素によって変わってきます。

たんぱく質が約30%、糖質が約6%、脂質が約4%となっており、通常の食事のバランスを考えると1日で約10%になるというわけです。

食事誘発性熱産生を向上させようと思ったら、たんぱく質を多めに摂ればいいということです。

他にも、よく噛んで食事をすることで、食事誘発性熱産生は増大します。

一方、食事誘発性熱産生は年齢とともに減少します。

年齢をとるほど、食事によってエネルギーを消費しにくくなるということです。

身体活動量は、運動によるエネルギー消費です。

ダイエットにおいては、一番わかりやすい部分であり、「運動すれば痩せる」の根拠となる部分です。

しかし、身体活動量は意外にも1日で消費するエネルギーの約30%しか占めていません。

運動してもすぐには痩せられないのも納得がいきますね。

だからと言って、運動することに全く意味がないわけではありません。

筋肉をつけることにより基礎代謝、食事誘発性熱産生が向上します。

運動をして筋肉をつけることは、1日の消費エネルギー全てが向上することに貢献するのです。

【生酵素サプリの効果】基礎代謝を上げる方法は?

基礎代謝は、1日で消費するエネルギーのうちの約60%を占めており、一番大きなエネルギー消費活動になります。

つまり、基礎代謝を上げることで、少ない労力で効率よくダイエット効果を得ることができるのです。

基礎代謝を向上させる方法は以下の3つのものがあります。

筋肉をつける

筋肉をつけると基礎代謝は向上します。

基礎代謝の臓器・組織ごとのエネルギー代謝の比率は下の表のようになっています。

参考:e-ヘルスネット

この表から、筋肉は基礎代謝の20%を占めていることが分かります。

臓器や組織ごとのエネルギー消費は年齢によってほとんど変化がないことがわかっています。

つまり、年齢をとると代謝が減るのは、筋肉量が落ちているから、ということになります。

運動をして筋肉量を保つことにより、代謝の低下を緩やかにすることができるということです。

また、運動をすると身体活動量もあがるので、一石二鳥でダイエット効果が望めます。

体温を上げる

体温が1度上昇すると、代謝量が13%上昇すると言われています。

体温を維持するのにも基礎代謝でエネルギーを消費するからです。

短期的に体温を上げる方法としては、食べ物から体を温める方法があります。

例えば、生姜に含まれているジンゲオールという成分には体を温める効果があります。

また、長期的に体温を上げる方法としては、筋肉をつける方法があります。

筋肉をつけると基礎代謝が上がり、体温も上昇します。

【生酵素サプリの効果】酵素は基礎代謝の向上を助ける

生酵素サプリを摂取することは基礎代謝の向上を助けることにつながります。

基礎代謝のエネルギー消費をするためには、代謝酵素が十分に働く必要があるからです。

いくら筋肉をつけたり、体温を上げたりしても、代謝酵素が足りなければ基礎代謝を向上させることはできません。

生酵素サプリで代謝酵素の働きを助けることによって、太りにくい身体への体質改善が可能になるのです。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
生酵素サプリを使ったダイエット方法は?

生酵素サプリの効果を最大限に活用するために、生酵素サプリを使ったダイエット方法について解説します。

生酵素サプリは、飲むだけで太りにくい身体を作ることができます。

一般的な食事を使ったダイエット方法に、ファスティングダイエット置き換えダイエットがあります。

生酵素サプリでファスティングや置き換えができるのでしょうか?

正しいダイエット方法も合わせてご紹介します。

生酵素サプリを使ったファスティングダイエットの方法

ファスティングダイエットとは、食物を食べずに行うダイエットのことです。

芸能人のブログなどでも紹介されており、最近話題に上がっているダイエット方法ですね。

ファスティングは、英語でfastingと書き、断食を意味します。

ファスティングは3日間食事を摂らずに、水分と酵素ドリンクや青汁、酵素サプリや生酵素サプリを飲んで過ごします。

食べないことにより、胃腸を休める効果や、脂肪を燃焼する効果があり、ダイエット効果が期待できます。

断食やプチ断食なんて呼ばれ方もするみたいです。

ポイントは完全に断食や絶食をするわけでなく、体に必要な栄養はドリンクやサプリから摂っているという点です。

本当になにも食べないと、体の調子をよくする酵素を作り出すことができません。

つまり、ファスティングには胃腸に負担をかけずに、すぐに栄養素を吸収できる食品が向いているということです。

また、ファスティング中は食べてないことへの空腹感はどうしても避けることができません。

空腹感が続くと、ストレスにもなるし、気持ち的にもくじけそうになってしまいます。

ファスティングには、満腹感を得やすい食品が向いているということですね。

胃腸に負担をかけずに栄養素が摂取でき、満腹感を簡単に得ることができるのは、ドリンク系の方が向いています。

生酵素サプリは固形物なので、胃腸で溶かす必要がありますし、満腹感も得にくいです。

酵素ドリンクや青汁、フルーツジュースなどは、ドリンクなので満腹感を得やすく、栄養素も吸収しやすくなっています。

ファンティングダイエットをしたい方は、ドリンク系を試してみてください。

生酵素サプリを使った置き換えダイエットの方法

置き換えダイエットは、朝、昼、夜のどれか1食を食べずに、代わりにドリンクやサプリで栄養を摂取するダイエット方法です。

食事をドリンクやサプリに『置き換え』るわけですね。

置き換えダイエットのポイントは2つで、3ヵ月間を目安に行うことと、、夜の食事を置き換えることです。

ファスティングに比べて1日2食は食べるので、ダイエット期間が長くなっています。

置き換えダイエットに向いている食品は、抜いた分の食事の分の栄養をしっかりと摂れる食品です。

ドリンク系の健康食品は製造の過程で加熱処理されていることが多く、酵素が死んでしまっていることがあります。

また、栄養素も生酵素サプリの方がたくさん配合することができます。

置き換えダイエットをする際は、栄養素を十分摂れる生酵素サプリがおすすめです。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
人気商品の成分を比較!

生酵素サプリの効果をより感じるために、人気商品の成分を比較してどんな商品が良いのかを解説します。

生酵素サプリの成分を人気商品の比較をしながら解説します。

今回は生酵素サプリの中でも話題にあがることが多い『まあるい旬生酵素』『222種類の植物発酵エキス 生酵素』『もっとすっきり生酵素』について調査しました。

【生酵素サプリの効果】配合成分比較表

まあるい旬生酵素 222種類の植物発酵エキス 生酵素 もっとすっきり生酵素
植物発酵エキスの素材 310種類 222種類 64種類
乳酸菌の種類 22種類 記載なし 記載なし
最も多い原材料 植物発酵エキス(黒糖) サフラワー油 植物発酵エキス(デキストリン)

まあるい旬生酵素が植物発酵エキスの素材の種類と乳酸菌の種類が多いことがわかります。

【生酵素サプリの効果】植物発酵エキスの種類は多い方がいい!

植物発酵エキスの素材となる野菜や果物の種類は多い方が高い効果が期待できます。

下の表はまあるい旬生酵素に含まれる植物発酵エキスの原材料の一部を抜き出したものです。

食材 豊富な栄養素1 豊富な栄養素2 豊富な栄養素3
にんじん ビタミンA カリウム 食物繊維
たまねぎ 硫化アリル ケルセチン カリウム
だいこん ビタミンA ビタミンB1 カルシウム
はくさい ビタミンC カリウム 亜鉛
きゃべつ カリウム カルシウム リン
菜の花 ビタミンA ビタミンB ビタミンC
とまと ビタミンE リコピン カリウム
ピーマン ビタミンC ビタミンA
きゅうり ビタミンA ビタミンC カリウム
みかん ビタミンC カリウム シネフリン
いよかん ビタミンC リモネン シネフリン
大麦 食物繊維 ビタミンB カルシウム
玄米 カリウム カルシウム マグネシウム
こんぶ カルシウム カリウム
ねこんぶ ヨウ素 アルギン酸 フコイダン
まいたけ β-グルカン エルゴステロール ナイアシン
しいたけ エリタデニン エルゴステロール 食物繊維
ふきのとう カリウム アルカノイド ケンフェール
タラの芽 カリウム マグネシウム リン

一言に野菜や果物と言っても、種類によって豊富な栄養素が違います。

また、特定の野菜や果物にしか入っていないような栄養素も存在するのです。

植物発酵エキスの素材が多くなればなるほど、栄養素のバランスの取れた生酵素サプリになるというわけですね。

【生酵素サプリの効果】乳酸菌の種類は多い方がいい!

乳酸菌は主に腸内環境をよくする働きがあります。

しかし、それ以外にも肌荒れ防止や免疫力強化などの効果もあり、乳酸菌の種類によって変わってきます。

下の表はまあるい旬生酵素に含まれる乳酸菌の一部を抜き出したものです。

乳酸菌の種類 特徴
ラクトコッカス属 免疫力の強化やコレステロールの抑制
ラクトバチルス属 胃酸に強く、ピロリ菌を退治する
ラクリス菌 胃酸で死滅しないので、生きたまま腸に届く
ビフィズス菌 乳酸よりも強い殺菌作用を持つ酢酸を作る
+EC-12 胃酸で減少しない

様々な種類の乳酸菌が含まれていることで、整腸作用以外の効果も期待できることがわかります。

また、人によって相性の良い乳酸菌、相性の悪い乳酸菌が存在します。

乳酸菌の種類が多い方が、腸まで届く乳酸菌の数が多くなりやすいというメリットもあります。

【生酵素サプリの効果】最も多い原材料の比較

食品の原材料表示は『食品表示法』と『食品表示基準』によってルールが決まっており、消費者庁が管理しています。

『農産物』『畜産物』『水産物』『玄米及び精米』『加工食品』のそれぞれの種類で表示するべき内容は異なっており、生酵素サプリは『加工食品』に当てはまります。

 使用した原材料に占める重量の割合の高いものから順に、その最も一般的な名称をもって表示してください。

引用:早わかり食品表示ガイド(消費者庁)

原材料表示を見れば、商品に含まれている原材料を多い順番に知ることができます。

まあるい旬生酵素 222種類の植物発酵エキス生酵素 もっとすっきり生酵素
原材料 植物発酵エキス(黒糖、脱脂粉乳、根菜類(にんじん、たまねぎ、だいこん、その他)、葉物野菜(はくさい、きゃべつ、菜の花、その他)、果菜類(とまと、ピーマン、きゅうり、その他)、果実類(みかん、いよかん、はっさく、その他)、穀類(大麦、玄米、黒米、その他)、海藻類(こんぶ、ねこんぶ、わかめ、その他)、キノコ類(まいたけ、しいたけ、えりんぎ、その他)、山菜類(ふきのとう、タラの芽、わらび、その他))
、甘藷末、でん粉、大豆食物繊維、ショウガ末、ガラクトオリゴ糖、梅エキス、有胞子性乳酸菌、オタネニンジン末、サンショウ末、マルトデキストリン、乳酸菌凍結乾燥末 (原材料の一部に、小麦、乳、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、ごま、大豆、バナナ、もも、やまいも、りんごを含む)
サフラワー油、植物発酵エキス、黒酢濃縮末(江蘇鎮江香酢濃縮粉末、山西老陳酢濃縮粉末)、Lーカルニチン酒石酸塩、キャンドルブッシュエキス、コエンザイムQ10、殺菌乳酸菌(ECー12株)、ゼラチン(ブタ由来)、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、イカスミ色素、ビタミンB1(原材料の一部に乳、ゼラチン、キウイフルーツ、もも、りんご、大豆、やまいも、小麦を含みます。) 植物発酵エキス末(デキストリン、植物発酵物)(小麦・りんご・バナナを含む)、ケール末、ブラックジンジャー抽出末(ブラックジンジャー抽出末、デキストリン、シクロデキストリン)、オリーブ油、アマニ油、エゴマ油、グレープシードオイル、アーモンド油、アボカド油、マカダミア油、有胞子性乳酸菌(乳糖、有胞子性乳酸菌)、乳酸菌(乳酸菌末、デキストリン)(乳成分を含む)、植物混合末(モリンガ、マカ、アマランサス、キヌア、クコ、チアシード、バオバブ、麻の実)、ギムネマシルベスタ末、難消化性デキストリン、カムカム果汁粉末(カムカム果汁末、デキストリン)、サラシアレティキュラータエキス末(サラシアレティキュラータエキス末、デキストリン)、/ゼラチン、グリセリン、安定剤(ペクチン)、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン(大豆由来)

まあるい旬生酵素に最も多く含まれている原材料:植物発酵エキス(黒糖)

まあるい旬生酵素原材料

まあるい旬生酵素の原材料で最も多く含まれているのは『植物発酵エキス(黒糖)』です。

植物発酵エキスを固めるために使われているのが黒糖です。

黒糖には、フェニルグルコシド、ラフィノースという栄養素が含まれています。

フェニルグルコシドには、糖の吸収を抑える働きがあるので、ダイエットに最適です。

また、ラフィノースという栄養素には善玉菌を増殖させる働きがあります。

腸内の善玉菌が増えると、腸内環境が良くなります。

腸内環境を良くすることは、便秘解消だけでなく、美容にも効果があると言われています。

222種類の植物発酵エキス生酵素に最も多く含まれている原材料:サフラワー油

222原材料

222種類の植物発酵エキス生酵素に最も多く含まれている原材料は『サフラワー油』です。

サフラワー油は紅花(ベニバナ)の種子から作られる油で、紅花油と表記されることもあります。

スーパーに行くとサラダ油などと一緒に置いてあることがあります。

サフラワー油には、高リノール酸のものと高オレイン酸のものがあります。

リノール酸には過剰摂取すると、免疫細胞の働きの低下によるアトピーや炎症、心臓病などの原因になると言われています。

サプリに含まれているのが高オレイン酸のものであれば問題はないのですが、ほとんどの場合記載がありません。

健康を維持するための健康食品に、油が一番含まれているのでは、サプリを飲んでいるのか油を飲んでいるのかわかりませんよね。

もっとすっきり生酵素に最も多く含まれている原材料:植物発酵エキス(デキストリン)

もっとすっきり生酵素原材料

もっとすっきり生酵素に最も多く含まれている原材料はデキストリンです。

デキストリンには『難消化性デキストリン』と『デキストリン』の2種類があります。

よくダイエットで話題になるのは難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンには、整腸作用と食後の血糖値の上昇を抑える作用があると言われています。

しかし、サプリに含まれているデキストリンが難消化性デキストリンかどうかはわかりません。

難消化性デキストリンなら、そのように表示するはずなので、もっとすっきり生酵素に含まれているデキストリンはただのデキストリンだと考えられます。
人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
効果がある人と効果がない人の特徴を解説!

指を上げるナース

生酵素サプリの効果を感じられない方のために、効果がある人と効果がない人の特徴を解説します。

生酵素サプリは酵素の力で太りにくい体質への体質改善を目指すサプリメントです。

アットコスメやダイエットカフェなどの口コミサイトを見ていると、「飲むだけで痩せた」「効果があった」という口コミと、「痩せなかった」「効果がなかった」という口コミがあります。

生酵素サプリは飲み方、体質、生活習慣、食生活などの要素によって効果を感じることができるかどうかが変わってきます。

【生酵素サプリの効果】「効果あり」と感じる理由と方法

生酵素サプリを飲んで「痩せた」「効果があった」と感じる人の理由と方法をまとめました。

効果を感じるためのポイントは『食事』『運動』『他のダイエットとの組み合わせ』です。

生酵素サプリを飲む分だけ食事の量を減らす

生酵素サプリの効果を感じることができる人の特徴として、普段の食事の量を減らしているということが挙げられます。

生酵素サプリは食品ですので、もちろんわずかですがカロリーがあります。

普段の食事の量を全く減らさずに生酵素サプリを追加で飲むだけだと、単純に摂取カロリーが多くなってしまいます。

ダイエットの基本は『摂取カロリー<消費カロリー』です。

生酵素サプリは飲むだけで消費カロリーを上げる効果が期待できますが、摂取カロリーが増えてしまっては効果が薄くなってしまいます。

1口分だけでもいいので、生酵素サプリを飲む分だけ普段の食事の量を減らしてみましょう。

運動する習慣がある

生酵素サプリで痩せることができた人の特徴として、普段から運動する習慣があるということが挙げられます。

生酵素サプリは食物酵素を食事によって摂取することで、消化酵素の過剰消費を防ぎます。

消化酵素が過剰に消費されないことにより、体内の代謝酵素の量を十分に確保出来るようになります。

代謝酵素が体中で十分に働けるようになるので、基礎代謝が向上します。

1日で消費されるエネルギーが大きくなるので痩せることができます。

基礎代謝は、運動しなくても消費されるエネルギーなので、運動することが直接消費エネルギーには関係しません。

しかし、運動して筋肉をつけると基礎代謝が向上します。

さらに、運動すること自体が身体活動量というエネルギー消費を増加させることにもつながります。

運動をすることは、間接的に基礎代謝を向上させ、直接的に身体活動量を向上させる、ダイエットには最適な手段なのです。

普段のダイエットに組み合わせて使用

生酵素サプリのダイエット効果をより感じるために、他のダイエットと組み合わせるという方法があります。

食事系のダイエットでは、置き換えダイエットかファスティングが有名です。

生酵素サプリはどちらかというと置き換えダイエットに向いています。

少ないカロリーで豊富な栄養素を摂取することができるため、単一食品での置き換えダイエットよりも健康に痩せることができます。

【生酵素サプリの効果】「効果なし」と感じる理由と対処法

生酵素サプリを飲んでいても「効果がない」「痩せない」と感じる人の特徴から、『どうして効果を感じられないのか』『どうしたら効果を感じることができるのか』を紹介します。

ポイントは『商品の選び方』『飲み方』『飲む量』『飲んでいる期間』『食事』『生活習慣』です。

生酵素サプリと酵素サプリは違う

生酵素サプリと酵素サプリは名前はよく似ていますが、全く別の商品です。

酵素は熱に弱いという性質を持っており、製造過程や保存しているときに高温になると酵素としての働きを失ってしまいます。

酵素サプリはカプセル状のサプリにする際に、加熱処理が行われているので、サプリの中の酵素が失活してしまっているのです。

生酵素サプリは、野菜や果物を発酵させることによって作られているので、加熱処理が行われていません。

生の酵素を摂取することができるのです。

酵素サプリの方が安く、市販にも出回っていることが多いので「同じような効果があるだろう」と思って酵素サプリを飲んでいる方がいます。

効果を感じられないのは、生酵素サプリではなく、酵素サプリを飲んでいるからという可能性があります。

生きた酵素を直接摂取できる、生酵素サプリを選びましょう。

飲み方が悪い

生酵素サプリの効果を感じることができない理由として、飲み方が悪い可能性があります。

飲み忘れが多く、一度にたくさん飲んだり、飲まなかったりする日があるのはNGです。

また、飲むタイミングが悪いと生酵素サプリに含まれている酵素の力を発揮できないことがあります。

生酵素サプリは毎日、毎食、食事の30分前に商品に記載されている量を飲みましょう。

酵素は、消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類に分類されます。

生酵素サプリで摂取できるのは食物酵素で、食物酵素には一緒に摂取した食べ物の消化を助ける働きがあります。

食事の前に生酵素サプリを飲むことによって、直後の食事で食物酵素が消化を助け、消化酵素の過剰消費を抑えることができます。

消化酵素が温存されると、代謝酵素が十分な量生成されるようになります。

代謝酵素の働きを高めることが、体質改善につながるのです。

食後や運動前、寝る前などのタイミングで生酵素サプリを飲んでも、食物酵素の力を100%発揮することはできません。

生酵素サプリは食前に飲むことが大切です。

食事の前に生酵素サプリを飲むことによって、食べ過ぎを抑制する効果も期待できます。

私たちの体は、満腹を感じるまで少し時間がかかるようにできています。

食事中に満腹をなかなか感じることができないので、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

食事の30分前に生酵素サプリを飲むと、食事をするときに少しお腹が満たされていると感じるようになり、少なめの食事の量でも満足できるようになります。

生酵素サプリの効果をなかなか感じることができない人は、食事の30分前に飲むように意識してみましょう。

飲む量が悪い

生酵素サプリの効果を感じることができない理由として、飲む量が少ないという可能性があります。

飲む量は各商品によって推奨されている量が違いますが、よくあるのは1日2粒~6粒といった表記です。

しっかりとダイエット効果を感じたい方は1日6粒飲むようにしてみましょう。

人間の体内で生成できる酵素の量は加齢とともに減少していきます。

1日2粒では、減少した酵素の量を十分に補えない可能性があるのです。

また、普段の食生活が乱れている方は、消化酵素を普通の人よりも過剰に消費してしまっています。

効果を感じることができないときは、もったいないと思わずに、1日6粒摂取するようにしてみることをおすすめします。

1日6粒飲むときは、6粒を3回に分けて、1回2粒を毎回の食事の30分前に飲むことがポイントです。

酵素は体内にとどまって働き続けてくれるようなものではありません。

一度にまとめて摂取しても、高い効果を得ることができるわけではないのです。

回数を分けて飲むことによって、酵素の力を最大限に発揮させることができます。

飲んでいる期間が短い

生酵素サプリの効果を感じることができない理由として、飲んでいる期間が短い可能性があります。

一般的に生酵素サプリによる体質改善には数ヵ月かかります。

不足している代謝酵素の働きが十分高くなるまでには、時間がかかるからです。

「1週間で痩せた」というような口コミや噂をときどき目にしますが、生酵素サプリと他のダイエットを組み合わせない限りは難しいです。

早く効果を感じたい人は、食事制限や運動と組み合わせると良いでしょう。

食生活が乱れている

生酵素サプリの効果を感じることができない理由として、食生活や生活習慣の乱れが挙げられます。

脂っこいものや、ファーストフード、食品添加物の多い加工食品やお菓子などは消化酵素を普通の食べ物よりも多く消費します。

生酵素サプリで酵素を補っても、普段の生活で酵素を無駄遣いしているようではダイエット効果を感じることができません。

「サプリを飲んでいるから、ちょっとくらいの食べ過ぎ、飲み過ぎは大丈夫」という考えは絶対にいけません。

普段の食生活を見直したうえで、生酵素サプリで酵素を補給することにより、痩せる効果が期待できます。

全く体を動かさない生活をしている

生酵素サプリの効果を感じることができない理由として、普段全く体を動かさない生活をしているという理由が考えられます。

基礎代謝で消費されるエネルギーは運動とは直接的な関係はありません。

しかし、筋肉量が低下すると、基礎代謝も低下してしまいます。

年齢をとって太りやすくなるのは、酵素の生成量が低下するという理由の他にも、筋肉量の低下による基礎代謝の減少という理由が考えられます。

生酵素サプリを飲んでいたとしても、普段の生活で寝たり座ったりしている状態の時間が長ければ、痩せることは難しくなります。

最低限の筋肉を保つために、少しだけもいいので体を動かすことがポイントです。
人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
ダイエット以外の女性の悩みも解決してくれます

生酵素サプリの効果として、ダイエット以外の女性の悩みも解決してくれるというものがあります。

生酵素サプリは、身体の内側から太りにくい体質をつくるというダイエット効果が注目されています。

しかし、生酵素サプリの効果はそれだけではありません。

サプリである分、様々な栄養素を配合することができ、ダイエットをしたい女性の他の悩みも同時に解決できてしまうのです。

美肌、美白などの美容効果や便秘解消効果、胃もたれ防止効果などがそれにあたります。

ここでは、冷え性改善便秘解消について解説します。

【生酵素サプリの効果】冷え性改善効果

冷え性は体の末端部分である手足が冷えてしまう症状です。

冷え性を放置すると、胃痛、便秘、腰痛、神経症、肩こり、肌荒れなど、さまざまな悪い症状を起こる可能性があります。

冷え性の原因

冷え性は主に自律神経の乱れ筋肉量の低下偏った食生活によって起こります。

人間の体温は血流を調整したり、汗をかくことで調整されます。

自律神経には、血流をコントロールする働きがあります。

ストレス不規則な生活によって、夏場の過度な空調などの影響で自律神経が乱れてしまうと、体温の調整がうまくできなくなります。

筋肉量の低下は基礎代謝の低下を招き、体温が下がります。

特にふくらはぎは第2の心臓と呼ばれており、下半身に血流を送る役割があります。

ふくらはぎの筋肉が低下すると、下半身全体の血流が悪くなり、特に足先の体温が低くなってしまいます。

適度な運動で筋肉を維持することが冷え性対策になるのです。

人間の体温を作るための栄養素は食事によって摂取されます。

炭水化物やたんぱく質、脂質がビタミンやミネラルの働きによってエネルギーに変えられてを生みます。

偏った食生活により、栄養素が十分に摂れないことが冷え性の原因になるのです。

カルシウムで自律神経を整える

カルシウムには神経を鎮静させる働きがあります。

しらすやいわしなどの小魚、あおのり、こんぶなどの海藻類、豆腐、納豆などの大豆食品に多く含まれています。

カルシウムは1日で体に吸収できる量が決まっているので、毎日コツコツと摂取することが大切です。

マグネシウムと一緒に取ると効果的です。

マグネシウムで自律神経を整える

マグネシウムには、神経の高ぶりを抑える働きがあります。

ほうれん草や小松菜、海藻類、大豆食品に多く含まれています。

和食が好きな人は不足することはあまりないですが、外食やインスタント食品ばかりの食生活では不足してしまいます。

カルシウムと一緒に摂ると効果的です。

亜鉛で自律神経を整える

亜鉛には、脳の神経伝達物質を作る働きがあります。

レバーや貝類、豆類に多く含まれています。

神経伝達物質が十分にあるとイライラしなくなります

鉄で自律神経を整える

鉄には、赤血球を作る働きがあります。

鉄が不足すると、十分な量の赤血球を作ることができなくなります。

体に栄養を運べなくなるので、疲れやすくなったり、貧血になったりします。

その結果、自律神経が乱れてしまいます。

レバーや魚、貝、大豆、緑黄色野菜、海藻など、鉄を含む食品はたくさんあります。

ロイシンで筋力アップ

ロイシンは、たんぱく質を形成する必須アミノ酸の一つです。

私たちの筋肉はたんぱく質を基に作られています。

ロイシンはmTORというたんぱく質の一種を活性化させる働きを持っています。

その結果、筋肉が付きやすくなります

下半身や上腕部に筋肉がしっかりついていると、基礎代謝があがり、手や足の先まで血液を流すことができるようになります。

冷え性改善につながるというわけですね。

【生酵素サプリの効果】便秘解消効果

参考:がんを学ぶ

便秘は、お腹の中に便がたまってしまって、なかなかでてこない症状のことです。

便秘気味の人は、痩せていてもお腹がぽっこり出てしまうの太って見えてしまいます。

また、便が長い間体の中にあると、腸が過剰に栄養素を吸収してしまい、太る原因にもなります。

他にも、溜まっている便から毒素がでて、肌荒れや肩こりなどの原因になったりもします。

便秘の種類と原因

便秘には上の図のようにいくつかの種類があります。

普段私たちを悩ませているのは、この中の慢性便秘です。

慢性便秘には、弛緩性便秘痙攣性便秘直腸性便秘の3種類があります。

私たちは、腸内を便が通って、便意が脳に伝えられることによって排泄活動します。

大腸で便を外に押し出す運動を蠕動(ぜんどう)運動といいます。

便秘の原因は、蠕動運動の問題か、便意の問題かのどちらかであることが多いです。

  • 弛緩性便秘
    弛緩性便秘は、大腸の蠕動運動が弱くなったり、筋力が低下して便を押し出すことができなくなったりすることが原因で起こります。
  • 痙攣性便秘
    痙攣性便秘は、ストレスにより自律神経が乱れて、腸の運動がひきつったようになり、便をうまく押し出せなくなることで起こります。下剤の乱用などで、腸が過剰に蠕動運動をすることも原因となります。
  • 直腸性便秘
    直腸性便秘は、便が直腸(便が排出される直前の場所)まで運ばれているにも関わらず、便意が脳に伝わらないことが原因で起こります。便意を我慢しすぎることや、浣腸を乱用することが原因が主な原因です。

弛緩性便秘に効く栄養素

弛緩性便秘は、大腸が蠕動運動が弱くなり、便を押し出せなくなることによって起こります。

腸の蠕動運動はストレス偏った食生活で弱くなります。

また、腸内の悪玉菌が増えることによっても弱くなってしまいます。

食物繊維は腸の蠕動運動を促進するので、便秘解消に役立ちます。

乳酸菌ビフィズス菌などの善玉菌を摂取することで、悪玉菌が減るので、便秘解消に貢献します。

オリゴ糖は善玉菌を増やすことで便秘解消に役立ちます。

食物繊維の便秘解消への効果

食物繊維は、水に溶けやすいかどうかで水溶性食物繊維不溶性食物繊維に分けられます。

水溶性食物繊維は、水に溶けやすい食物繊維で、リンゴやこんにゃく、海藻などに多く含まれています。

水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けてゼリー状になり、便を柔らかくします。

柔らかくなった便は蠕動運動が弱まっている状態でも押し出すことができます。

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい食物繊維で、大根やごぼう、玄米、きのこ類などに多く含まれています。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸って膨らみます。

膨らんだ便が腸壁を刺激することによって蠕動運動を促進します。

乳酸菌の便秘解消への効果

腸内には菌が生息しています。

生息の仕方が花畑に似ていることから、生息環境は腸内フローラと呼ばれています。

菌には3種類あり、善玉菌悪玉菌日和見菌に分かれます。

善玉菌は腸内環境を整える良い菌で、乳酸菌やフェーカリス菌などが代表です。

悪玉菌は毒素を出す悪い菌で、ウェルシュ菌などが代表です。

日和見菌は善玉菌か悪玉菌どちらか強い方につきます。

腸内では、善玉菌と悪玉菌が常に縄張り争いをしており、生活習慣や普段の食事によって善玉菌優勢になったり、悪玉菌優勢になったりします。

悪玉菌が優勢になると、腸内はアルカリ性になってしまいます。

腸はアルカリ性が苦手なので弱ってしまい、蠕動運動がきちんと行えなくなります。

その結果、便秘となってしまうのです。

乳酸菌は大腸に住み着く代表的な善玉菌です。

善玉菌は腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を防ぎます。

乳酸菌を摂ることによって、蠕動運動をしっかりと機能させることができるのです。

オリゴ糖の便秘解消への効果

オリゴ糖は乳酸菌のエサになることにより、便秘を解消します。

人の体内にはオリゴ糖を分解できる消化酵素がありません。

胃や小腸で吸収されることがないので、大腸までそのままの状態で到達することができます。

乳酸菌はオリゴ糖を食べて、増殖します。

その結果、腸内フローラが善玉菌有利になるので、便秘が解消します。

また、乳酸菌はオリゴ糖を食べるときに短鎖脂肪酸を放出します。

短鎖脂肪酸が腸内はアルカリ性に傾いていた腸内を酸性に戻してくれます。

オリゴ糖は2つの効果で便秘解消に役立ってくれるわけです。

痙攣性便秘に効く栄養素

痙攣性便秘は、主にストレスによって腸が痙攣して、蠕動運動がうまくいかないときに起こる便秘です。

新生活の始まりや、仕事やプライベートがうまくいかないときなどに起こりやすいと言えるでしょう。

痙攣性便秘を解消するには、ストレスをうまく軽減してあげる必要があります。

ストレス軽減効果のある栄養素として有名なのは、トリプトファンビタミンB群です。

トリプトファンの便秘解消への効果

トリプトファンはごまや大豆製品などに含まれている必須アミノ酸の1種です。

必須アミノ酸とは、人の体内で生成することのできないアミノ酸で、食事から摂取する必要があります。

トリプトファンは、セロトニンという神経伝達物質の材料になります。

セロトニンは、感情を穏やかに保ち、ストレスを減らしてくれる作用があります。

また、セロトニンはメラトニンを生成します。

メラトニンは体のリズムを整えて、快眠を促す作用があります。

トリプトファンを摂ると、ストレス緩和や快眠につながるというわけですね。

ビタミンB群の便秘解消への効果

ビタミンB群は脳にしっかりとエネルギーを届けるために必要なビタミンです。

脳がストレスを発散するときにエネルギーを使います。

ビタミンB1は糖質の代謝を、ビタミンB2は脂肪の代謝を、ビタミンB6はたんぱく質の代謝をそれぞれ助けます。

代謝をしっかり行うことでエネルギーをきちんと生成することができます。

ビタミンB群を十分に摂ることにより、脳に十分にエネルギーが行き渡り、ストレス解消につながるのです。

直腸性便秘に効く栄養素

直腸性便秘は食品の栄養素で改善することは難しいです。

トイレの姿勢を見直すことによって改善することがあるみたいです。

便座に座ったら、前かがみになり、かかとを少し上げるのがポイントです。

ロダンの考える人のようなポーズですね。

どうしても改善しないようなら、専門医の診察を受けることをおすすめします。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】
実際に使った人の口コミや体験まとめ

生酵素サプリの効果について、実際に使った人の口コミや体験をまとめました。

生酵素サプリを使ってダイエットをした方のリアルな口コミをダイエットカフェさんからまとめました。

【生酵素サプリの効果】短期間では効果が出ない

2週間ほど飲んでいますが、これといって変化はまだありません
寝る前に飲むと、翌朝スッキリとありましたが、効果は感じられません。
むしろ、朝眠くて起きられなくなったような。。。
一ヶ月分購入したので、とりあえず飲みきってみようと思います。

生酵素サプリOM-X/41歳/2週間/46kg⇒46kg

食べ過ぎても太らないから効いてるのかな?あまり大きな変化は見られなかったです。
ただ、便秘は治ってるから、それだけでもラッキーかも。
なので、もう少し定期購入して続けてみます。また変化があったら口コミします。

もっとすっきり生酵素/32歳/2週間/55kg⇒54kg

お試し無料で8日間飲んでみました。
味は独特な発酵臭はありますが、トロリとした中身はいかにも栄養分が凝縮されて身体に良さそう

万田酵素/53歳/1週間/56kg⇒56kg

数日~2週間程度、生酵素サプリを飲むだけではダイエット効果は期待できないみたいです。

生酵素サプリは、長い時間をかけて体質を改善していく食品です。

即効性を期待するのはやめましょう。

「痩せはしなかったけど、便秘は解消した」という声が見られるので、便秘を解消したい方は試してみてもいいかもしれません。

【生酵素サプリの効果】運動と合わせると効果的

痩せたかったので購入しました。
お通じが良くなり、1日3回出ることもありました。
たくさん食べそうな食事の前に飲んだりしてました。
増えはしないけど、それほどすごく減るわけでもなかった感じです。
現状維持にはいいかな。運動と併用すれば痩せるかも!

もっとすっきり生酵素/36歳/3ヵ月/55kg⇒54kg

ダイエット中の偏る栄養サポートのつもりで購入。
やせましたが、これのおかげではなく運動を継続してやっているせいだと思われます(一日10~20kg:早歩き&走る)。
ただお通じはとても良くなったので、ちょっと食べ過ぎた時とかは、これで調整してました。
味は自分には慣れれば平気レベルだったかな。

万田酵素/37歳/6か月以上/57kg⇒52kg

「飲むだけでは痩せない」「運動と併用すれば痩せる」という声が多く見られました。

生酵素サプリは女性にとっての魔法のサプリというわけではないということですね。

「しっかり食べても増えなくなった」という声もたくさんあったので、生酵素サプリを飲むことで太りにくい体質になるみたいです。

【生酵素サプリの効果】人によっては飲むだけで痩せる

毎日欠かさず飲む以外は特に運動などもせず、1ヶ月で2キロ痩せました
お通じは良くなりました
健康のために飲み始めましたが、朝がスッキリ起きれるようになったと思います。
私は朝晩飲むようにしています。
このまま体の調子が整っていけばいいなと思います

もっとすっきり生酵素27歳/1ヵ月/60kg/58kg

酵素なんだけど、フルーティーで食べやすいです。
続けられるのはそういうところですかね。
ただ、効果がゆるやかかもしれません。なかなか、結果を出すのに半年かかりました
手軽で食べやすいところはかなり気に入ってます。おいしい!

万田酵素/28歳/6か月/60kg⇒53kg

生酵素サプリダイエットをした人の何人かは「飲むだけで痩せる」という声がありました。

体質やもともと生活習慣次第では、生酵素サプリを飲むだけで痩せることもできるみたいです。

【生酵素サプリの効果】効果がでるまでに時間がかかる

生酵素サプリの口コミを見てみると、「運動すれば痩せる」「飲むだけで痩せる」どちらもあるみたいですね。

飲んでいる方の生活習慣や体質によって効果は変わるということでしょう。

どちらにしても共通しているのは、生酵素サプリのダイエットは時間が最低でも1ヵ月以上はかかるということです。

効果を感じた方の口コミを平均したらだいたい3~4ヵ月くらいが多いみたいです。

また、ほとんどの方が「体調が良くなった」「便秘が解消した」「朝すっきり目覚めれるようになった」ということを言っています。

生酵素サプリは、長期間かけて、健康的にダイエットしたい方に向いているということですね。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの効果】まとめ

生酵素サプリの効果や口コミについてまとめました。

生酵素サプリの効果についてのポイントは以下の3つです。

  • 生酵素サプリは飲むだけで健康で太りにくい体質になる
  • 生酵素サプリで痩せるためには他のダイエット方法と合わせるのが効果的
  • 生酵素サプリには冷え性改善や便秘解消効果も実感できる

生酵素サプリは、体質や普段の生活習慣によっては飲むだけで痩せる場合もあるみたいです。

しかし、多くの人にとっては『飲むだけで痩せる魔法のサプリ』ではありません。

生酵素サプリ+置き換えダイエット』『生酵素サプリ+運動』のように、他のダイエット方法を組み合わせることによって本当のダイエット効果を実感できます。

ライザップなどに通ってきつい運動をするダイエットや、炭水化物抜きダイエットのような無茶なダイエットはリバウンドしてしまう可能性が高いです。

生酵素サプリは長い時間をかけて健康的に体質改善をできるので、リバウンドの可能性が限りなく低いと言えます。

生酵素サプリは、冷え性改善便秘解消効果などの、ダイエット目的以外の効果も高いのも魅力的ですね。

以上のことを踏まえたうえで、生酵素サプリはこんな人におすすめです。

  • 長時間かけて健康的に痩せたい人(無理なダイエットをしたくない人)
  • 手軽に太りにくい体質を手に入れたい人
  • 便秘や冷え性に悩んでいる人

生酵素サプリを飲んで健康的にダイエットしましょう。

人気の生酵素サプリのボタン

-役立ち記事

Copyright© 【生酵素サプリのおすすめランキング】楽々ダイエットの効果と口コミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.