【生酵素サプリの副作用】過剰摂取とアレルギーの危険性を徹底調査!

更新日:

【生酵素サプリの副作用】
生酵素サプリの副作用3つのポイント

生酵素サプリの副作用3つのポイント (1)

生酵素サプリの副作用では、生酵素サプリの副作用3つのポイントを解説します。

思わぬ副作用に合わないようにチェックしておきましょう。

【生酵素サプリの副作用】副作用はほとんどありません

生酵素サプリには副作用はほとんどありません。

原材料として使用されているのは野菜や果物です。

みなさんが普段の生活で野菜や果物を食べるときに注意していることが、生酵素サプリを飲むときに注意することと同じになります。

例えば、植物発酵エキスの素材となった野菜や果物に農薬が使われているかどうかなどです。

生酵素サプリを選ぶ際には、商品の製造過程自体の危険性だけでなく、素材の栽培状況を確認することが大切です。

人気の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』なら、発酵の専門家が野菜や果物の生産者さんとやり取りをした上で素材を選んでいるので安心です。

『どんな栽培方法か』『有機原料を使っているか』について、専門家が本当に納得した素材のみが使用されています。

【生酵素サプリの副作用】飲み過ぎや飲み合わせは注意が必要

生酵素サプリで副作用が出てしまう可能性があるのは、飲み過ぎてしまったとき飲み合わせた悪かったときです。

栄養素は種類によっては過剰摂取によって体調が悪くなってしまうものがあります。

生酵素サプリは野菜や果物を長期間発酵、熟成させることによって、素材の栄養素をぎゅっと濃縮しています。

推奨されている摂取量以上に飲んでしまったり、普段の食生活が偏っていたりすると、特定の栄養素だけを摂り過ぎてしまう可能性があります。

また、生酵素サプリと薬や他のサプリとの飲み合わせにも注意しなければいけません。

薬の飲み合わせについては、どんな副作用が起こるのか確実なことは専門家にしかわかりません。

日頃から薬を飲んでいる方は、担当のお医者さんに確認するのが最も安全です。

生酵素サプリは野菜や果物に由来する、ビタミン、アミノ酸、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

他のサプリとの併用は基本的には必要ありません。

むしろ、栄養素の過剰摂取による副作用が起こってしまう可能性があります。

話題の生酵素サプリ『まあるい旬生酵素』は310種類の植物発酵エキスを配合しているので、1つの商品だけで豊富な栄養素を補給できます。

【生酵素サプリの副作用】成分表でアレルギーをチェック

生酵素サプリは植物由来の素材を使っているので、アレルギーのチェックが大切です。

特に、小麦、リンゴ、モモ、キウイフルーツ、バナナ、ヤマイモ、大豆、カシューナッツ、ゴマなどが原材料として使用されている可能性があります。

植物発酵エキスの素材となった野菜や果物が多ければ多いほど、アレルギーの危険性が上がってしまいます。

アレルギーを持っている方が生酵素サプリを飲む場合は、かかりつけのお医者さんに相談する方が安全です。

成分表に原材料とアレルギー食品の記載があるので、アレルギー持ちの方が生酵素サプリを選ぶ際はチェックしてみてください。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの副作用】
飲み合わせと過剰摂取の解説!

薬

生酵素サプリの副作用では、飲み合わせと過剰摂取の解説をします。

生酵素サプリは野菜や果物を発酵させて、栄養素を濃縮して作られてサプリです。

サプリと名前はついているものの、基本的には野菜や果物を食べているのと同じという事です。

野菜や果物を食べるときの飲み合わせについて、考えない人がほとんどだと思います。

つまり、生酵素サプリは悪い飲み合わせについてはほとんど考えなくても大丈夫なのです。

少しだけ注意しなければならないのは、素材となっている野菜や果物自体の飲み合わせが悪い場合です。

また、栄養素は種類によっては過剰摂取で副作用が起こるものもあります。

生酵素サプリの飲み合わせについて詳しく見ていきましょう。

【生酵素サプリの副作用】薬との飲み合わせは?

薬の飲み合わせ

参考:日本調剤

薬によっては飲み合わせに注意しなければならないものがあるのは、皆さんご存知ですよね。

降圧薬+グレープフルーツジュースなどは有名ではないでしょうか。

グレープフルーツジュースには、代謝酵素の働きを阻害する成分が含まれています。

体内に入った薬がなかなか代謝されないので、医師が想定した以上に薬が効きすぎてしまうのです。

生酵素サプリと一緒に注意してなくてはいけないのは、例えば便秘薬です。

便秘薬は、便を膨張させたり、柔らかくしたりすることによって便秘を改善する薬で、市販の薬局などにも置いてあります。

便秘に悩んだことのある女性なら、一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

生酵素サプリは乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などの働きで腸内環境を整え、便秘を解消する働きがあります。

2つの便秘解消効果を持つ商品を同時に使ってしまうと、過剰に効果を発揮してしまい、下痢になってしまう可能性があります。

他にも、薬の種類は千差万別なので、生酵素サプリと相性の悪いものがあるかもしれません。

薬の飲み合わせによる副作用は想像もつかないものが多いからです。

持病がある方や、常備薬を服用している方は、一度担当のお医者さんに相談したほうが良いでしょう。

【生酵素サプリの副作用】他のサプリとの飲み合わせは?

生酵素サプリと他のサプリを同時に飲むと、栄養素の過剰摂取になってしまうことがあります。

どれも通常の食生活に生酵素サプリを加えた程度では1日の摂取量の上限は超える可能性は低いです。

しかし、偏った食生活をしていたり、同じサプリを用量を守らずに摂取したり、他の栄養サプリと併用したりすると上限をオーバーしてしまうことがあります。

生酵素サプリを摂取する際に、特に注意しなければならない栄養素を下の表にまとめました。

栄養素 1日の摂取量の上限 主な含まれている食品 過剰摂取した場合の副作用
ビタミンB1 10g 豆類、豚肉、のり、豆腐、ごま 頭痛、いらだち、かゆみ
ビタミンB6 45mg 肉、魚、落花生、豆類、卵 感覚神経障害
葉酸 900μg レバー、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草 神経障害、発熱、じんましん
ナイアシン 250mg レバー、魚、肉、 消化不良、下痢、便秘、肝機能低下
40mg レバー、魚、肉 鉄沈着症、便秘、胃部不快感
カルシウム 250mg 牛乳、小魚、海藻、大豆 高カルシウム血症
10mg かき、するめ、レバー、ナッツ 肥満、高血圧、糖尿病、心不全
亜鉛 250mg 魚介類、かき、うなぎ 銅欠乏、貧血、胃の不調
マンガン 11mg 全粒穀類、豆類、ナッツ、茶葉 中枢神経に支障をきたす
セレン 350μg 魚介類、動物の内臓 脱毛、筋肉の痙攣、下痢、関節痛

食生活が偏っていて、毎食同じような食事をしている場合は生酵素サプリによって栄養素の過剰摂取が起こってしまう可能性があります。

また、ビタミン系ミネラル系のサプリとの併用も危険です。

生酵素サプリはそれだけで様々な栄養素を補給できる、栄養補助食品です。

生酵素サプリを利用するのであれば、一つのサプリに絞ることをおすすめします。

人気の生酵素サプリのボタン

【生酵素サプリの副作用】
飲むとおならが出るって本当?好転反応について解説します

指を上げるナース

生酵素サプリの副作用では「飲むとおならが出るって本当?」という疑問に答えます。

好転反応という言葉をよく聞くと思いますが、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

【生酵素サプリの副作用】おならと酵素の関係は?

「生酵素サプリを飲むとおならが出やすくなる」という噂をときどき耳にします。

これは本当の話です。

しかし、安心してください。

おならが出ているのは生酵素サプリのサプリがしっかりと体内に取り入れられている証拠だからです。

おならがたまる原因は便秘です。

便が長い間大腸にとどまっていると、腐敗が進み、ガスが発生します。

生酵素サプリによって便秘が改善されると、溜まっていたガスが外に出るようになっておならが出やすくなるのです。

おならが出やすくなるのは、一時的なものなので安心してください。

さらに、生酵素サプリに含まれている乳酸菌は腸内環境を整え、善玉菌を増やしてくれます。

臭いおならの原因である悪玉菌が減るので、生酵素サプリを飲み続けてしばらくすると、おならのにおいも気にならなくなってきますよ。

【生酵素サプリの副作用】よく聞く好転作用ってなに?

好転作用とは、体の調子が良くなる途中で起こる、頭痛や体のだるさなどの症状のことです。

好転反応については、消費者庁から注意喚起があります。

健康食品、化粧品、健康器具、美容エステ等の、美容・健康等に関する機能性をうたった商品・サービス等(以下「美容・健康商品等」とする。)を利用した際に、場合によって、湿疹・かゆみといった皮膚障害、下痢・胃痛のような消化器障害、だるさや頭痛等の健康被害が発生することがあります。こうした症状が体に現れた際に、美容・健康商品等の利用を継続すると症状が大幅に悪化するおそれがあります。

一方で、美容・健康商品等の販売・役務提供を行う事業者等が、「症状が発生するのは好転反応」、「今は毒素が抜けているところ」等と説明して、症状発生後も継続利用を勧めているケースがあります。このような健康被害とその対処に関する相談が事故情報データバンクに 339 件寄せられており、そのうち消費者が実際に利用を継続して症状が持続・悪化したという消費者事故等の情報が、100 件を占めます。

今後も、同種又は類似の消費者事故等が発生するおそれがあるため、消費者安全法第 38 条第1項の規定に基づき、消費者に注意喚起します。美容・健康商品等の利用後に、健康被害が発生した際には、商品・サービス等の利用を一旦中止し、医師に相談しましょう。たとえ事業者等から、「その症状は好転反応」、「毒素が抜けているところ」等と継続利用を勧められても、安易に従うのは危険です。

引用:消費者庁

インターネットなどで好転反応について調べると「毒が抜けているところだから大丈夫」という情報がたくさん出てきます。

しかし、サプリを飲んでいる人の体調をしっかりと調べたわけではないのに、本当にそんなことが言えるのでしょうか?

「好転反応だから大丈夫」と宣伝しているサプリメーカーには注意が必要です。

もちろん、本当に好転反応で症状が出ている可能性もあります。

毒素が体から抜けているときにかゆみやおならなどの症状が出ることもあるからです。

結局のところ、『症状が好転反応なのかどうかは人によって変わってくる』ということですね。

サプリを飲んでいて体の不調が出てきたら、病院に行って相談するのが一番です。

病院に行く時間がない方は、自分で調べてみてもいいかもしれませんが、上辺だけの情報に騙されないようにしてください。

成分や体の仕組みをしっかりと調べて、好転反応なのか、ただの悪い症状なのかを判断する必要があります。

【生酵素サプリの副作用】
アレルギー表示は必ずチェック!

駄目だしする女性

生酵素サプリの副作用では、アレルギー表示を必ずチェックすることを推奨しています。

生酵素サプリは、野菜や果物を原料として使用しています。

業界トップクラスの素材の種類を使用しているまあるい旬生酵素は、実に310種類もの野菜や果物を原材料としています。

野菜や果物のアレルギーを持っている方は商品を選ぶときに原材料一覧をチェックしたほうが良さそうです。

【生酵素サプリの副作用】そもそも食物アレルギーってなに?

食物アレルギーとは、食べた食べ物が原因でじんましん、湿疹、下痢などの症状が起きてしまうことです。

アレルギー症状は食べてからすぐに発症することが多いです。

摂取した食物が原因となり免疫学的機序(体を守る働きを免疫と言います)を介してじん麻疹・湿疹・下痢・咳・ゼーゼーなどの症状が起こることを食物アレルギーといいます。

引用:厚生労働省

アレルギーはひどい症状になると『アナフィラキシー』や『アナフィラキシーショック』という全身性症状になってしまいます。

アナフィラキシーは、皮膚、粘膜、消化器、呼吸器のアレルギー症状が複数発症し、症状がひどくなってしまう状態です。

アナフィラキシーがさらに悪くなるとアナフィラキシーショックになります。

アナフィラキシーショックになってしまうと、体がぐったりしたり、意識が朦朧として呼びかけに反応できなくなってしまいます。

原材料に多くの野菜や果物を使用している生酵素サプリは、食物アレルギーを持っている方には注意が必要です。

【生酵素サプリの副作用】表示の義務がある原材料とない原材料

生酵素サプリのアレルギー

参考:厚生労働省

上の画像は厚生労働省が提供している全年齢における食物アレルギーの原因食物です。

食物アレルギーの原因は多いほうから、鶏卵、牛乳、小麦、ピーナッツ、果物類、魚卵、甲殻類、木の実類、ソバ、魚類、その他の順番になっています。

アレルギーが起こる可能性のある食品に関しては表示の義務がある原材料とない原材料があります。

省令で定められる品目に、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生の7品目(以下「特定原材料」という)が挙げられ、通知で表示を奨励する品目に、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの18品目(以下「特定原材料に準ずるもの」という)が挙げられています。

引用:厚生労働省

特定原材料』は表示が義務付けられています。

特定原材料は以下の7品目です。

  • えび
  • かに
  • 小麦
  • そば
  • 落花生

特定原材料に指定されているものは、症状が多い食品か、症状が重い食品です。

症状が多い食品は卵、乳、小麦、えび、かにで、特に多いのが卵(約40%)、牛乳(約20%)、小麦(約10%)となっています。

症状が重い食品は、そばと落花生で、アレルギーが発症した場合、生命に関わる可能性が出てきます。

特定原材料に準ずるもの』は表示が推奨されているものの、義務ではありません。

特定原材料に準ずるものは以下の18品目です。

  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • さけ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • まつたけ
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン

特定原材料7品目と特定原材料に準ずるもの18品目を合わせた25品目を『特定原材料等』と言います。

生酵素サプリには特定原材料等の中でも、野菜や果物が原材料として使用されている可能性があります。

特に、特定原材料に準ずるものに関しては表示の義務がないので、商品によっては入っていることが分かりにくい可能性があります。

アレルギーが心配な方は、一度製造メーカーに問い合わせるのがいいでしょう。

生酵素サプリに含まれている可能性が高い原材料を一覧にしたので、アレルギーを持っている方はチェックしてみてください。

【アレルギー表示】小麦

【アレルギー表示】乳

【アレルギー表示】オレンジ

【アレルギー表示】カシューナッツ

【アレルギー表示】キウイフルーツ

【アレルギー表示】ごま

【アレルギー表示】大豆

【アレルギー表示】バナナ

【アレルギー表示】もも

【アレルギー表示】やまいも

【アレルギー表示】りんご

【生酵素サプリの副作用】アレルギー表示があったら生酵素サプリの使用は控えましょう

いくら健康にいい生酵素サプリでも、アレルギーが出てしまっては大変です。

購入を検討している生酵素サプリのアレルギー表記に、自分の該当するものがあった場合は使用を諦める方が賢明です。

生酵素サプリの原材料となっている野菜や植物の種類は商品によって異なります。

アレルギーを持っている方は、アレルギーが起こる危険性のある商品を無理に選ばずに、自分に合った商品を見つけてみてください。

かかりつけのお医者さんに相談するというのもひとつの手ですよ。

【生酵素サプリの副作用】まとめ

生酵素サプリの副作用のまとめポイントは以下の3つです。

  • 他のサプリと併用しない
  • 好転作用に騙されない
  • アレルギーには気を付ける

生酵素サプリは野菜や果物の栄養素をぎゅっと濃縮したサプリです。

一つの商品に豊富な栄養素を含んでいるので、他のサプリとの併用は必要ありません。

逆に、栄養素の過剰摂取による副作用が出てしまう可能性があります。

どうしても他のサプリと併用したい場合は、含まれている成分の量が1日の摂取量上限を超えないように注意しましょう。

「その症状は好転作用だから大丈夫」という宣伝は嘘である可能性があります。

だるさやかゆみなどの症状が、好転作用によるものなのか、副作用によるものなのかは人によって異なります。

体の調子が悪くなったときは、病院に行ってサプリと症状について相談するのが一番です。

自分で調べる場合でも、上辺だけの情報に惑わされずに「〇〇という成分が、〇〇という理由で、〇〇という症状が起きているから大丈夫」といった、しっかりとした根拠のある情報を信じるようにしましょう。

生酵素サプリは豊富な野菜や果物を原材料としているため、食品アレルギーを持っている方は注意が必要です。

商品の成分表に記載されている原材料とアレルギー表示をチェックしましょう。

該当する食品が含まれていた場合は、かかりつけのお医者さんに相談するか、別の生酵素サプリを探す方が良いです。

生酵素サプリは基本的には副作用はありません。

気を付けるべきポイントを押さえて、安全に体質改善を目指しましょう。

人気の生酵素サプリのボタン

-役立ち記事

Copyright© 【生酵素サプリのおすすめランキング】楽々ダイエットの効果と口コミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.